おすすめウイスキー

無くなる前に要チェック!ジョニーウォーカー スペイサイドオリジンを解説&レビュー

いろいろな限定シリーズを発売し続けている、人気スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」。とりわけウイスキーファンの間で話題の「オリジン・シリーズ」とはどんなものなのか?今回はその第一弾である「スペイサイドオリジン」の紹介を通して、解説していきます。

akatsuki
akatsuki
akatsuki「暁」ウイスキーブログ』では、「ウイスキーを楽しみたい」「ウイスキーをもっと知りたい」そんな方々へ向けた、ウイスキーの魅力を発信しています。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

ジョニーウォーカー「オリジンシリーズ」ってなに?

人気ブレンデッドスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」。中でも不動のレギュラーラインナップである「ジョニーウォーカー12年・ブラックラベル」はその完成度の高さと手軽に買えるスコッチとして、全世界で売れ続けています。

日本でも「ジョニ黒」と呼ばれ、親しまれています。

オリジンシリーズ」はこのブラックラベルと深い繋がりがあります。

ブラックラベルを構成しているウイスキー達が主役!

ジョニーウォーカー ブラックラベルジョニーウォーカー ブラックラベル

 

ジョニーウォーカー12年・ブラックラベル

その魅力は「ブレンデッド」ならではのバランスの良さ。

  1. 蜂蜜のような甘さ
  2. 花のようなフローラルさ
  3. まろやかな口当たりの良さ
  4. 余韻に抜けるスモーキーさ

ブレンデッドウイスキーならではの、絶妙なブレンド技術が織りなす「味わいのコントラスト」は多くのウイスキーファンを魅了し続けています。

この「オリジン・シリーズ」は「ジョニーウォーカー12年・ブラックラベル」を構成する原酒にスポットを当て、スコットランドそれぞれの生産地域ごとの原酒のみをブレンドし、発売されました。

スコッチを代表する「4つ」の地域のボトルが発売

スコットランドの地域スコットランドの地域

 

スコットランドを代表する4つの地域

  1. スペイサイド
  2. アイラ島
  3. ローランド
  4. ハイランド

「オリジンシリーズ」は、ジョニーウォーカー12年ブラックラベルに使用される、蒸留所のウイスキーを4つの地域ごとにブレンドし、それぞれの個性を際立たせた「限定シリーズ」です。

完成された味わいのブラックラベルが、どのような原酒をブレンドされて出来上がっているのか?

ウイスキーファンとしては、逆の視点からブラックラベルを楽しめる「オリジンシリーズ」はとても興味が湧いてきますね😌☝🏻

オリジンシリーズ第一弾!「スペイサイドオリジン」をレビュー

ジョニーウォーカー スペイサイドオリジンジョニーウォーカー スペイサイドオリジン

 

2020年4月に「オリジンシリーズ」第一弾として日本で発売されたのが「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 スペイサイドオリジンです。

こちらのボトル、前述した4つの地域の中の

スペイサイド」に焦点を当てたウイスキーです。

ボトルラベルの紫色のイメージカラーがカッコいいです!

その詳細をレビューしていきたいと思います🤗

※スペイサイドオリジンは限定シリーズです。

華やかでフルーティなスペイサイドの個性を楽しめる

スコッチウイスキーの地域の中でも、とても人気の高い「スペイサイド地方」のウイスキー。その理由はなんでしょうか?

  1. 華やかでフルーティな香りと味わい
  2. クセが少なく初心者でも飲みやすい
  3. 甘さが際立つウイスキーが多い

つまり、甘くてフルーティなウイスキーが多い傾向にあります。

スペイサイドオリジン」に使用されるメインの蒸留所。

カーデュ蒸留所」と「グレンデュラン蒸留所」。

個人的に、スペイサイドオリジンの特徴を支えているのは、カーデュ」が大きいと思います😌

シングルモルトでもカーデュ12年はライトで飲みやすいウイスキー通が好む「ザ・スペイサイドモルト」です。

こちらも要チェックですね☺️👇


カーデュ蒸留所」「グレンデュラン蒸留所

この二つの蒸留所を中心に、スペイサイドのモルト原酒のみで構成される「ブレンデッドモルトウイスキー」が「スペイサイドオリジン」です。

 

スコッチウイスキー 原産国 スコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
ブレンデッドモルト 原材料 モルト
アルコール度数 42%
容量 700ml
参考価格 約3000円

 

「ストレート」でテイスティング

ジョニーウォーカー スペイサイドオリジンストレート

 

まずは「ストレート」から飲んでいきます。

色味・・・ 少し濃いめの琥珀色です。

香り・・・ まず最初に感じるのは、「リンゴ」のようなフルーティさ。その中に「ブラウンシュガー」や「メープルシロップ」のような、ビターな甘さが重なります。フレッシュなフルーツよりも、「少し熟したフルーツ」や「アプリコットジャム」のよう。香りからは多少のアルコール刺激を感じます。スモーキーなフレーバーほとんど顔を出しません

 

味わい・・・ ビターな甘さ」と、「レーズン」のような「ドライフルーツの香り」がゆっくりと広がります。飲み込んだあとには「スパイシーな余韻」と「樽由来の優しい渋み」が引き締めてくれます。そして鼻に抜けていくわずかなスモーキーさ心地いい

アルコール刺激も優しく口当たりもライトでスッと飲めます。

バランス」がとてもいいウイスキーですね!😆

「ハイボール」でテイスティング

ジョニーウォーカー スペイサイドオリジンハイボール

 

次は冷やして「ハイボール」で。

冷やすとさらにビーターになり、「ドライな甘さ」が際立ちます。しかし、香りはしっかりと「リンゴ」のフルーティさが残って、このハイボールとても美味しいです。

甘すぎないので、食事に合わせても楽しめると思います😌☝🏻

スペイサイドオリジンのまとめと第二弾のオリジンシリーズ情報

この「スペイサイドオリジン」。

個人的にとても良くできたウイスキーだと思います。

ストレートでも飲みやすく、ウイスキー初心者の人でも入りやすいです。

特徴としては、「ビターでフルーティ」。

ストレートではしっかりとした甘さも感じますが、冷やすと甘さがスッキリ。

香りはフルーティさが常に残ります。

スペイサイドらしい個性をしっかりと楽しめるボトルでした。

価格としては「シングルモルト」にも手が届きそうですが、こちらもブレンデッドモルトですから。一度は試してみても損はしないと思います。

「ジョニーウォーカー12年・ブラックラベル」が好きな人にはぜひ飲んでみて欲しいシリーズですね☺️

限定シリーズなので早めにチェック!👍

キーモルトを飲んでみるのも👍

カーデュ12年美味しいです✨

少しリッチなウイスキーにチャレンジしたい!

そんな初心者の方に贈る☺️👇

フルーティウイスキー

[初心者おすすめ] 少しリッチで嬉しくなる「フルーティウイスキー」5選!

こちらもぜひご覧ください😊☝🏻

オリジンシリーズ第二弾は注目の「アイラオリジン

第一弾の「スペイサイドオリジン」の完成度が高かっただけに、注目が集まるのが第二弾の「アイラオリジン」です!

アイラオリジン」もついに発売されました!

メインとなるアイラモルトは「カリラ」と「ラガブーリン」。

アイラオリジン」についても、詳しいレビューをまとめてみたので気になっている方はぜひご覧ください!☺️👇

ジョニーウォーカー アイラオリジン

ついに販売開始!ジョニーウォーカー アイラオリジン の評価は!?徹底レビュー&解説

アイラオリジンの完成度は想像以上!

気になる方はお早めに!

 

akatsuki
akatsuki
akatsuki「暁」ウイスキーブログ』では、「ウイスキーを楽しみたい」「ウイスキーをもっと知りたい」そんな方々へ向けた、ウイスキーの魅力を発信しています。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

 

ウイスキーの「ストレート」が苦手なあなたへ送りたい😌👇

ウイスキー ストレート

ウイスキー初心者におすすめ!私がストレートを飲めるようになった方法とは?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA