初心者から始めるウイスキーの楽しみ方

【初心者におすすめ】スモーキー ウイスキー 入門のためのロードマップ

ウイスキーを飲んでいくと必ず出会う「スモーキーウイスキー」。いわゆる「初心者の壁」のようなものです。人によっては、最初から好きになる人もいれば、その個性に慣れず、苦手意識を持つ人もいます。今回はそんな「スモーキーウイスキー」にスムーズに慣れるための私が考える「ロードマップ」をご紹介します!

akatsuki
akatsuki
akatsuki「暁」ウイスキーブログ』では、「ウイスキーを楽しみたい」「ウイスキーをもっと知りたい」そんな方々へ向けた、ウイスキーの魅力を発信しています。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

YouTubeチャンネルはこちら😊👇

YouTube「あかつきとウイスキー」

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

ウイスキーの個性の1つ「スモーキー」とは?

一言で「ウイスキー」といっても、実にさまざまな個性があります。

それは、ウイスキーが造られる自然環境製造方法熟成方法がそれぞれの「蒸留所」によって違うからです。

では今回のテーマの個性、「スモーキー」とはどのように生まれるのでしょうか?

スコットランドから生まれた燃料「ピート」が鍵を握る

ピート 泥炭自然から生み出される燃料「ピート」

 

スモーキー」さの秘密。

それはウイスキーの原料「モルト」を乾燥させる行程にあります。

ウイスキーを造るには、大麦を発芽させてモルト(大麦麦芽)にする必要があります。

この行程を「製麦」または「モルティング」と言います。

製麦 モルティング伝統的なフロアモルティング

 

大麦に水分を含ませて発芽を促し、ちょうどいいタイミングで発芽を止める必要があるわけです。そのタイミングで乾燥させるんですね。

その乾燥に使われる燃料の中に「ピート」と言われる「泥炭」があります。

スコットランドでは石炭が採れない地域もあり、その代わりに「ピート」を使用していました。「ピート」を燃やした時に出る煙こそが、「スモーキー」なフレーバーの正体です。

ウイスキーの独特なスモーキーさには、そんな背景があったんですね。

ウイスキーの製造工程に興味がある方はこちらもぜひご覧ください☺️👇

糖化作業 マッシング

初心者でも簡単に頭に入る!ウイスキーができるまでの体験ツアー①

ピートにも違いがある!?海と森が作り出すピートの個性

前述した通り、ウイスキーのスモーキーさの鍵を握るピート

スコットランドでも石炭の採れない地域、特に「アイランズ」に分類される「」で造られるウイスキーには「ピート」が使われることが多いです。

ウイスキーファンには有名な「アイラ島」では、ほとんどがスモーキーなウイスキーを生産され続けています。

で採れる「ピート」には海藻がたくさん含まれるため、スモーキーさの中に独特な「薬品」のようなヨード感があります。

よく言われるのが「正露丸」のような香りです。

この感覚は人によって感じ方が違いますが、ここで苦手意識を持つ方が多い傾向があります。

しかし、ピートには以外にも、「」で採れるものもあります。

スコットランド ヘザー畑スコットランドのヘザーと言われる植物

 

スコットランド北部の「ハイランド」地方は自然が豊かで、昔から多くの「」が広がっています。

この森などに堆積したピートには、海藻などの成分が含まれないため、で採れるピートの「ヨード感」や「薬品臭」のしない、焚き火などで感じる「」や「バーベキュー」のような香りを生み出します。

こちらの方がクセも少なく、最初から苦手になりにくいと私は思います。

初心者の方が「スモーキーウイスキー」を試す場合、私はこういったクセの少ないスモーキーな銘柄からチャレンジするのをおすすめします

 

私が初心者におすすめする「スモーキー」入門ロードマップ

アイラウイスキー独特な強い個性を放つアイラウイスキー

 

私自身も、スモーキーウイスキーに慣れるまでは時間が必要でした。

その理由は最初からクセの強いウイスキーを飲んでしまったことで「」ができてしまったから😔

ウイスキーの知識が少ない初心者には仕方のないことかもしれません。

もし、ウイスキーを始めたての頃の自分に「」伝えられるなら、どんなことをアドバイスできるだろう?

そんなことを考えた時に、

akatsuki
akatsuki
スモーキーウイスキーに慣れる「ロードマップ」のようなものがあったらよかったなあ、、、。

そんなことを思いました。

そんな私が思う、「スモーキーウイスキー」に慣れるためのウイスキー選びの手順をご紹介します。同じような初心者の方の参考になればとても嬉しいです☺️☝🏻

① リーズナブルなブレンデッドウイスキーから始めよう

ウイスキーを始めたての初心者の方には「お値段」も重要なポイントです。

最初は「1000円前後」の試しやすいウイスキーの「ハイボール」から飲んでいくことをおすすめします。

最初は「スモーキー」とかは考えずに、お手頃なスコッチウイスキーを試してウイスキーの香りや味わいに慣れましょう。

ハイボール初心者におすすめの記事はこちら😌👇

ハイボール

ハイボールから始めよう!初心者でもウイスキーを楽しめる飲み方

そしてある程度ウイスキーに慣れたらぜひ飲んでもらいたいブレンデッドウイスキーがあります。

ティーチャーズ・ハイランドクリーム

ティーチャーズ・ハイランドクリームリーズナブルなスモーキーウイスキー「ティーチャーズ」

 

ブレンデッドウイスキー 原料 モルト・グレーン
スコッチウイスキー 原産国 スコットランド
アルコール度数 40%
参考価格 約1000円前後

 

最近では「こっちのスコッチ、スモーキー」のCMキャッチフレーズでもお馴染みの「ティーチャーズ・ハイランドクリーム」です。

そう、先程説明した「ハイランドの名前が入っているウイスキーです。

まず第一に、単純に安いです!👀

酒屋さんによっては、1000円以下で買えるところもあると思います😆

そしてこの価格帯の中では、「スモーキーフレーバーが感じ取りやすいウイスキーです。

ぜひハイボールにしてみて、普段のスタンダードなブレンデッドウイスキーと飲み比べてみてください。

akatsuki
akatsuki
ここで「スモーキー」さの個性が感じ取れた方は、素晴らしい感覚の持ち主かもしれません。その違いが感じ取れると頭の中に「スモーキーウイスキー」のイメージが想像しやすくなるからです。

ティーチャーズはスモーキーさの中に、「青リンゴ」のような爽やかな甘いフレーバーも併せ持つ、コスパのいい「ブレンデッドウイスキー」だと思います。

まずはリーズナブルなウイスキーからで大丈夫。自分の中のウイスキーの感性を磨きましょう!🤗

② より個性の感じるシングルモルトで「スモーキー」を感じてみよう

ブレンデッドウイスキーとは、「モルト=大麦」と「グレーン=大麦以外の穀物」から作られるウイスキーをブレンドしてできるウイスキーです。

このブレンデッドウイスキーの味わいや風味の中核を担うモルトウイスキーのことを「キーモルト」と呼びます。

この「キーモルト」には「シングルモルト」が使われます。

よりスモーキーな個性を感じるなら、「スモーキーなシングルモルト」を試してみましょう。

 

シングルモルト「アードモア・レガシー」

アードモア・スコッチウイスキーティーチャーズのスモーキーさの秘密 「アードモア

 

シングルモルトウイスキー 原料 モルト
スコッチウイスキー 原産国 スコットランド ハイランド
アルコール度数 40%
参考価格 約3000円

 

そう、「ティーチャーズ」のスモーキーフレーバーを作り出しているのは、キーモルトである「アードモア」です。

アードモア蒸留所」は、もともとティーチャーズの原酒を確保するために建てられた蒸留所。つまり、ティーチャーズのスモーキーフレーバーの柱アードモア」なわけです。

アードモアの中でも初心者の方に試しやすいボトル。

それが「アードモア・レガシー」😌☝🏻

こちらも、第一に価格が安いです。

シングルモルトでありながら、3000円以下で買えることもあるウイスキー。

そして、「ハイランド」スモーキーウイスキーの特徴が堪能できます

ライトリーピーテッド」という表記の通り、心地良いスモーキーさで「焚き火ような煙の香りがします。

そして、「ストレート」では麦芽の甘味が穏やかに広がり、バニラのような甘さ、柑橘系の酸味、長く続くスモーキーな余韻が感じることができます。

もちろん「ハイボール」でもそのやさしいスモーキーさを感じられ満足感のあるウイスキーですので、ティーチャーズを気に入った方はぜひ「アードモア・レガシー」をお試しください。

 

③ 海のピートをチャレンジしてみる

おそらく「アードモア・レガシー」が美味しく感じられる方は、その時点でかなりの「スモーキーウイスキーファン」になっていると思います。

そこまで行きつけば、他の「スモーキーウイスキー」を試してもあまり抵抗を感じないと思います。

akatsuki
akatsuki
ここで私が最後に私がおすすめする「島系スモーキーウイスキーを1本ご紹介します。

シングルモルト・「タリスカー・10年」

タリスカー10年「スカイ島」のスモーキーなウイスキー タリスカー10年

 

シングルモルトウイスキー 原料 モルト
スコッチウイスキー 原産国 スコットランド スカイ島
アルコール度数 45.8%
参考価格 約4000円

 

島系ウイスキーといえば「アイラ島」のウイスキーが真っ先に上がりますが、アイラウイスキーを試す前に、ぜひ「タリスカー10年」を飲んでみてください。

 

その特徴を一言で表すなら「海を感じるウイスキー

海

ラベルにはMADE BY THE SEAの文字が!👀

潮の香りや、磯の香り。そして煙の香りとヨード感。余韻にはブラックペッパーのようなスパイシーさも。

その奥には、甘いバニラのような甘さが隠れるウイスキー。

アードモアとは違う個性を感じられるシングルモルトです。

最初は独特なパンチを感じますが、飲み進めていくとその中にある「甘くまろやかなフルーティさ」も感じることができます。

ここまで来ると「ウイスキーって複雑で面白いお酒だなあ」と楽しくなっていると思います。

また「タリスカーハイボール」はとても人気があります。

スパイスの効いた肉料理などと合わせるととても美味しいですよ🤗

スモーク系のおつまみと相性抜群!スモーク系のおつまみと相性抜群!

こちらもぜひお試しください!

タリスカーが飲めるようになったら、もう安心。

「スモーキーウイスキー、自分の好みだ!」

そう感じた人は「アイラウイスキー」に挑戦してみましょう😊

あなたのウイスキーの幅がさらに広がります。

「アイラウイスキー」に挑戦したい方はこちらから☺️👇

アイラウイスキー おすすめ スモーキーウイスキー

スモーキーウイスキーに慣れたら挑戦!初心者のための「アイラウイスキー 入門術」

スモーキーウイスキーとうまく向き合おう

スモーキーウイスキーロードマップ

いかがだったでしょうか?😌

試してみないとわからないですよね?😅

私がウイスキー初心者の方に伝えたいのは、「無理をしない」こと。

あくまでもウイスキーは「嗜好品」であり、人それぞれに好みは違います

好きなウイスキーを楽しむことが一番です☺️

しかし「飲まず嫌い」でウイスキーの魅力を楽しめないのもまた困ります😔

一度はチャレンジしてみて欲しい「スモーキーな世界

この記事を通して、あなたのウイスキーの「幅」が広がるなら、とても嬉しいです🤗

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

 

もう一つのアイラ入門の選択肢ならこれ!😆👇

ジョニーウォーカー アイラオリジン

販売開始から品薄に!?ジョニーウォーカー アイラオリジン の評価は?徹底レビュー&解説

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA