おすすめウイスキー

ウイスキー初心者のための「アイラウイスキー おすすめ入門術」

アイラウイスキー おすすめ スモーキーウイスキー

ウイスキーの魅力の1つ「スモーキーフレーバー」。飲み始めの頃は苦手になる人も多いのではないでしょうか?

しかし、いろいろな銘柄を試していく中で「あれ?スモーキーなウイスキーいけるかも?」そう思うタイミングが訪れるはず。そんな人におすすめしたいのが「アイラウイスキー」。ここをうまく乗り越えれば、ウイスキーライフの幅が大きく広がります

スモーキーウイスキーのステップアップを考えている人に贈る「おすすめアイラウイスキー入門」。まずは代表的な「5つの蒸留所」のウイスキーをご紹介します。

さあ、スモーキーウイスキーの扉を開きましょう!

akatsuki
akatsuki
akatsuki「暁」ウイスキーブログ』では、「ウイスキーを楽しみたい」「ウイスキーをもっと知りたい」そんな方々へ向けた、ウイスキーの魅力を発信しています。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

スコッチの聖地「アイラ島」が生み出すスモーキーウイスキーの魅力とは?

アイラウイスキー アイラ島 ラガブーリン蒸留所アイラ島が生み出すウイスキーとは?

 

一言で「スモーキーフレーバー」といっても、奥が深いのが「ウイスキーの世界」

ブレンデッドウイスキーならば「ホワイトホース」「ジョニーウォーカーブラック」など、「スモーキーさ」を感じるウイスキーもたくさんあります。

ジョニーウォーカー ブラックラベルジョニーウォーカーブラックラベル

 

このスモーキーさを演出するのが、ブレンドに使用されるシングルモルト。

ブレンデッドウイスキーの香りや味わいを支える「キーモルト」の存在です。

前述した「ホワイトホース」「ジョニーウォーカーブラック」のキーモルトは「アイラ島」にある蒸留所のウイスキーが使用されています。

同じスモーキーフレーバーでも「アイラ島」のウイスキーには独特な個性があります。

まずは「アイラ島のウイスキーの特徴」を簡単に解説していきます。

「海」に育まれた「島」ならではのスモーキーフレーバー

アイラ島 ウイスキー 蒸留所海が生み出す「スモーキー」の秘密

 

「ウイスキーの個性」に大きな影響を与えるもの。

それは「環境」

なぜなら、ウイスキーには「熟成」という行程が必要だから。

10年、15年、20年と樽に詰められ、熟成庫で眠るウイスキー。

木材でできた樽「呼吸」をしています。

海に近い蒸留所であれば、樽は「潮風」を吸い込むわけですね。

すると、自然とそのウイスキーも「潮っぽい」香りに仕上がっていったりします。

アイラ島のウイスキーは「海で育つ」

自然な製法で作られる「ウイスキーの魅力」ですよね☺️

ウイスキー 熟成熟成はウイスキーの「要」

 

もう一つは、スモーキーフレーバーの元となる「ピート」の存在。

大麦麦芽(モルト)を乾燥させる時に使用する燃料のこと。

ピート 泥炭自然から生み出される燃料「ピート」

 

アイラ島のウイスキーに使用される「ピート」には「海藻」「藻」などの、海に由来する成分が堆積しているため、独特な「薬品臭」がすると言われます。

よく言われるのが「正露丸」

この独特な香りが「苦手」な人も多いです。

だからこそ「アイラウイスキー」スコッチの中でも踏み出しにくいと言われています。

「その一線を越える」

それができると、ウイスキーの世界がさらに広がります🤗

「アイラウイスキー入門」の参考になる

「おすすめアイラウイスキー」

代表的な「5つの蒸留所」をピックアップしてご紹介していきます☺️👍

アイラ初心者のためのおすすめ「アイラウイスキー入門」

アイラウイスキー おすすめ スモーキーウイスキーアイラは何から入るべき?

 

アイラウイスキーはどの銘柄から始めるのがいいのか?

みなさん最初は迷いますよね?

アイラの中でも色々な個性のウイスキーがあります。

「スモーキーさ」にまだ自信がない人。

そんな人でも、安心して入ることのできる銘柄から紹介していきます😊☝🏻

 

最初が肝心!アイラ入門におすすめのウイスキー!

ボウモア カリラ アイラウイスキー最初に試しやすいのはこの2つの蒸留所

 

アイラウイスキーの入り口として試しやすい銘柄。

  • ボウモア(bowmore)
  • カリラ(caolila)

この2つの蒸留所をおすすめします。

スモーキーさが強すぎないので、最初に慣れるにはもってこいです☺️☝🏻

 

ボウモア12年

『初心者でも入門しやすい「海」を感じるアイラモルト』

ボウモア12年 シングルモルトスコッチウイスキー🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
アルコール度数 40%
内容量 700ml
価格 約4000円

 

アイラ島で最も古い蒸溜所創業は1779年。

海抜0メートルに立地する「第一貯蔵庫/ヴォルト」は波が打ちつけ、まさに「潮の香りに抱かれた海が育むシングルモルト」です。

  • 穏やかなスモーキーフレーバーと潮の香り
  • バーボン樽由来の柑橘のフルーティさと甘さ
  • ビターチョコのような優しいフィニッシュ

「ストレート」でも「オンザロック」でも十分に楽しめる、「優しくなめらか」なアイラモルトです。

個性的ですが、飲みやすい部類に入るので「アイラ入門におすすめ」ですね😌

さらに甘くまろやかな「ボウモア18年」も絶品です☺️☝🏻

 

 

カリラ12年

『気品あるデザインから想像できる繊細で軽やかなアイラモルト』

カリラ12年 シングルモルトスコッチウイスキー🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
アルコール度数 43%
内容量 700ml
価格 約5000円

 

アイラ島で最も生産量が多い蒸留所(年間で600万L)

「カリラ」とはゲール語「アイラ海峡」を意味します。この海峡はスコットランドの西海岸「最も美しい場所」と言われています。

  • 繊細なスモーキーフレーバーとフルーティな香り
  • 柑橘やベリーを思わせる甘さと潮味がとても複雑に絡むが飲み口は軽やか
  • スパイシーでアイラ独特のピーティなフィニッシュが長く続く

「ストレート」では甘さがより楽しめ「オンザロック」では潮味が強調されます。「ガツン」とくるアイラモルトが多い中で「カリラ12年」繊細で品がいい

男性的というより「女性的」な印象アイラモルトですね😌💖

個人的にもカリラはバランスが良く、軽やかで「リピート率」が高いです😌☝🏻

カリラの繊細な味わいが堪能できる「ディスティラリーズエディション」は必見!😌☝🏻

 

 

しっかりスモーキー!アイラを代表する強烈な個性のウイスキー!

ラフロイグ アードベッグ ラガブーリンアイラの個性が際立つ蒸留所

 

アイラウイスキーの中でも、特に個性が強くスモーキーな3本。

  • ラフロイグ(laphroaig)
  • アードベッグ(ardbeg)
  • ラガブーリン(lagavulin)

強いヨード香、正露丸を思わせる独特なピート香。

一度ハマると抜け出せない「アイラ沼」にハマる人も多いです😅

 

ラフロイグ10年

『アイラモルトの中でもかなりクセの強いヘビーピートウイスキー』

ラフロイグ10年 シングルモルトスコッチウイスキー🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
アルコール度数 43%(正規品)
内容量 750ml
価格 約5000円

 

『love or hate』好きか嫌いかのどちらかというキャッチコピーが有名!

好きな人には「とことん好きになる魔法」がかかったアイラモルト

  • 強烈な焦げたスモーキーフレーバーとヨード感溢れる磯の香り
  • 強烈な香りとは裏腹にバニラやカスタードの甘さが柔らかく潜む
  • 口当たりもとても滑らかでクリーミー、余韻は潮気がドライに抜ける

「ストレート」「オンザロック」ともにバニラの甘さが前面に。スモーキーフレーバーに慣れた頃には、あなたもラフロイグ「虜」になっているかも☺️☝🏻

「水割り」にしても甘く滑らかでクリーミーです😌

「アイラモルト」を象徴するようなフレーバー。

あなたは「好き」?それとも「嫌い」?☺️

最近は店頭でも見かけなくなっている「クォーターカスク」も要チェック😌☝🏻

 

 

アードベッグ10年

『アードベギャンと言われる熱狂的なファンが多数の人気アイラモルト』

アードベッグ10年 シングルモルトスコッチウイスキー🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
アルコール度数 46%(正規品)
内容量 700ml
価格 約4500円

 

スモーキーさはラフロイグ以上!なのに味わいの奥に繊細なフルーティさを隠し持つ

アイラモルトの中でも「ブランディング」が素晴らしく、熱狂的なファンに支持をされ続ける「アードベッグ」。

そのスタンダードボトル「10年」はまさにアードベッグの正統派

  • 海を思わせるヨード香と炭のような焦げた香りの奥に潜む柑橘系の果実感
  • ピーティーで口当たりのアタックは強いが麦芽の甘さとフルーティさが見え隠れ
  • スパイシーでドライなフィニッシュとともにスモーキーな余韻が口一杯に広がります

「ストレート」でゆっくりと、その複雑で繊細な香りや味わいを楽しむのがおすすめ。「オンザロック」にすると、甘さが感じにくく「炭」のようなフレーバーが強調されます。

また、アードベッグは「冷却濾過」「着色」をしない、自然体なウイスキーづくりを続けている、数少ないスコッチウイスキーの蒸留所です😌☝🏻


カスクストレングスで濃厚なシェリー樽の味わいが魅力の「ウーガダール」も人気です☺️☝🏻

 

 

ラガブーリン16年

『「アイラの巨人」と評される重厚でリッチな飲みごたえは唯一無二』

ラガブーリン16年 シングルモルトスコッチウイスキー🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
アルコール度数 43%
内容量 700ml
価格 約7000円

 

16年の歳月が生み出す「まろやか」で「甘いスモーク」は妖艶にすら思うほど

アイラファンだけでなく、シングルモルトファンから根強い支持を受け続けるウイスキー。

スタンダードラインナップが「16年」というのも珍しいですね😌☝🏻

  • 海の塩気がモルトの甘さを引き立て、どっしりとしたスモークが鼻を抜ける
  • シェリー樽由来のフルーティで芳醇な甘味が一杯に広がる
  • 後味はドライでチョコレートやローストしたナッツのような余韻が漂う

グラスに一杯注いだ「ラガブーリン」をゆっくりと、時間をかけて味わう。

そんな贅沢な気分にさせてくれる特別なアイラモルトです。

その甘さを堪能したいなら「ストレート」でじっくりと。「巨人」とは思えないほどの妖艶な味わいをご賞味あれ☺️

8年熟成のラガブーリンは「透明感」とフルーティなニュアンスも😌☝🏻

アイラウイスキーとの上手な向き合い方

「アイラ島」には他にも「魅力的な蒸留所」があります。

しかし、一気に覚えるのは大変です😅

まずは代表的な蒸留所から、少しずつ試していきましょう。

お酒はあくまでも「嗜好品」

人それぞれ食べ物の好みが違うように、

ウイスキーの好みも「十人十色」です。

決して無理に飲む必要はありません。

最初に苦手と感じた「香り」「味わい」も、時間を置くと好きなってしまうことがあるのがウイスキーの面白いところ。

最初から「アイラウイスキー」が好きになる人もいれば、後からハマっていく人も。

ご自身のペースで、少しずつ経験を増やしてみてはいかがでしょうか?😊

 

akatsuki
akatsuki
akatsuki「暁」ウイスキーブログ』では、「ウイスキーを楽しみたい」「ウイスキーをもっと知りたい」そんな方々へ向けた、ウイスキーの魅力を発信しています。

他の記事はこちらから😊👇

akatsuki「暁」ウイスキーブログTOPへ

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA