初心者から始めるウイスキーの楽しみ方

[初心者から始めよう] 私が ウイスキー を おすすめ する3つの理由

akatsuki
akatsuki
ウイスキーに興味を持ったり、憧れたりする人は多いと思います。しかし「どう始めればいいかわからない」「度数が強くて飲めなさそう」「種類が多すぎてわからない」などの理由から、始める一歩を踏み出せない人もまた多いのではないでしょうか?そんなあなたへ送る、私が「ウイスキーをおすすめする3つの理由」をお伝えします。

ウイスキーはいろいろな飲み方で楽しめる

ウイスキーのイメージウイスキーのイメージって?

 

ウイスキーのイメージって「カランっ」といい音でグラスをかたむけて飲む。そんなイメージを持たれることが多いと思います。

つまり「ロック」や「ストレート」で飲むものと思われがちなんです。

実はそんなことないんですよっ‼️😅

最近では特に「ハイボール」がとても人気ですし、「水割り」などでも楽しめます。

アルコール度数が高いため敬遠されがちですが、割って飲む楽しみをぜひ知ってもらいたいと思います!

初心者の入り口には「ハイボール」がおすすめ

ハイボール居酒屋で人気のハイボール

 

ハイボール。

皆さんはお好きですか?

そんな私も3年前ぐらいまでは居酒屋さんに行ったら

とりあえず、生‼️🍺

と言いながらビールを永遠に飲む人間でした😅

たまにはハイボールも飲んでいたのですが、居酒屋で飲むハイボールってあんまり美味しく感じなかったんですよね。

ですがウイスキーにハマり、自分でハイボールを作るようになると好みが完全に変わってしまいました。

ハイボールのように炭酸で割っても、ウイスキーの「味わい」や「個性」はわかります。

いろんなウイスキーを試しては、ハイボールを飲んでみる。

そうすることで、自分が好きなウイスキーが見えてきます。

そうなるとさらにウイスキーに興味が湧いてきて、楽しくなってきます✨

初心者向けのハイボール入門記事もありますので、よろしければご覧ください✨

ハイボールから始めよう!初心者でもウイスキーを楽しめる飲み方

ハイボールや水割りは料理にも合わせやすい!

ハイボールと料理料理にも合わせやすいハイボール

 

ウイスキーをハイボールや水割りで楽しむことで、毎日の料理も楽しくなります!

唐揚げなどの揚げ物にはもちろん「ハイボール」の爽快感が引き立ちます!

デュワーズハイボール」はレモン🍋との相性も抜群なので、暑い日の風呂上がりにサッパリ飲むにはもってこいですね‼️

デュワーズはお手頃なウイスキーで初心者の方にとてもおすすめです。

デュワーズが気になるかたはこちらも😊👇

ハイボール入門!デュワーズホワイトラベルでタンブラーをもらおう!

 

 

ジャパニーズウイスキー最近では入手困難なジャパニーズウイスキー

 

また「ジャパニーズウイスキーも近年、とても評価が高く海外からも注目されています

山崎」や「白州」、「余市」といった名前は聞いたことがあるかもしれません。

その人気から最近では、なかなか酒屋さんでは見かけませんが、「サントリーオールド」や「サントリーリザーブ」などは「水割り」の人気が昔から高く、「和食にもバッチリ合いますのでこちらもおすすめですね。

美味しい水割りを作ってみたい方はこちらも面白いです😉👇

ウイスキー 水割り

ウイスキー 「水割りの世界」 美味しい作り方とおすすめの銘柄

 

akatsuki
akatsuki
個人的にはウイスキーの本質を知るには「ストレート」で飲むのが一番だとは思います。しかし私自身も「ハイボール」からウイスキーの楽しさを発見しました。最初からカッコつける必要なんてありません!ウイスキーと楽しく向き合うことが大事ですね!

ウイスキーの香りや味わいは多種多様!

色々なウイスキー個性も様々なウイスキー世界

 

ウイスキーは産地や銘柄、熟成される年数によって様々な個性を持っています。

原材料は同じ穀物なのに全く違うお酒のように感じるウイスキーもあるんです!

その秘密はウイスキーの製造工程の違い自然環境の影響などです。

ウイスキーの製造工程が気になる方はこちらも参考にしてみてください☺️👇

大麦

初心者でも簡単に頭に入る!ウイスキーができるまでの体験ツアー①

香りの違いを楽しむお酒、それがウイスキー

タリスカー10年スモーキーなウイスキー タリスカー10年

 

ウイスキー最大の魅力は「香り」にあると私は思います。

数あるお酒の中で、これほどまでに「香り」を楽しめるお酒は他にありません。

「蜂蜜」「バニラ」「メープルシロップ」「青リンゴ」「洋梨」「レーズン」「ドライフルーツ」「燻製」「煙」「潮風」「正露丸」

ウイスキーの香りを表現するときに使われる「単語」を並べただけで、どれだけの個性と複雑さがあるのかがわかります。

そう、ウイスキーの「可能性は無限」に広がっているのです。

そして飲む人の好みも同じく「十人十色」で違います。

フルーティなウイスキーが好きだったり、煙臭いウイスキーが好きな人もいるでしょう。

自分に合ったウイスキーの香りを探す旅に出てみてください。そしていろんなウイスキーに出会って欲しいと思います✨

私が最初におすすめするのはフルーティな香りのウイスキーですね。クセが少なくハイボールにしてもサッパリします。

フルーツ フルーティ

ウイスキー初心者も違いがわかる?フルーティなハイボールを飲もう!

「スモーキーウイスキーに挑戦してみたい‼️」そんな勇気のある方は

こちらもご参考にしてください😊👇

【初心者におすすめ】スモーキーウイスキー入門のためのロードマップ

 

高いアルコール度数がハードル?ウイスキーの味わいを知ろう

サントリー 響ストレートじゃなくても大丈夫?ウイスキーの味を探るには?

 

ハイボールや水割りに慣れたら、ウイスキーへの興味も深くなってきます。

ですが「ストレート」で飲むのはまだ慣れないと思う方もいるでしょう。

実は私もそうでした

他のお酒と比べるとアルコール度数が高いのがウイスキーの特徴です。

そのまま飲むと口の中がビリビリしてしまい、刺激が強く最初は飲みにくいですよね。

そんな時は迷わずを入れましょう!

最初はウイスキーを「1:1」の割合でグラスに入れてみます。

トワイスアップ水とウイスキーを同量用意しよう!

 

この飲み方を「トワイスアップ」と言います。

ウイスキーの味わいを作り出すプロのことを「ブレンダー」と言いますが、彼らもまたテイスティングする際にこの「トワイスアップ」で味と香りを確かめます

水を入れることでアルコール度数が下がり、刺激が和らぐだけでなく、ウイスキー本来の香りが開き、色々な情報を感じ取ることができます。

もちろん、ウイスキー自体は薄くはなるので、濃厚さが失われますが、慣れてくるにつれて水を少なくしていけますので、少しずつチャレンジすれば大丈夫です🤗💕

ウイスキーの味わいがわかってきたら、「あなたの世界はまた変わる」かもしれません。

akatsuki
akatsuki
ウイスキーは世界中で作られています。その国や土地によって無限の個性が溢れる壮大なお酒です。その中で自分が好きなウイスキーに出会った時の喜びはとても格別です。

「時間を飲むお酒」それがウイスキーのロマン

ウイスキーの熟成ウイスキーは眠って美味しくなるお酒

 

私が思うウイスキーの一番の「魅力」とは?

それは「熟成」されて完成するお酒ということ。

ウイスキーの美しい琥珀色は木の樽で「熟成される間に深くなります。

スコッチウイスキーではスタンダードなボトルでも「10年」は熟成されています。

もしあなたがウイスキーを作るとして蒸留所を立ち上げたとしても、10年間はずっと見守るしかありません。そして美味しいウイスキーになる保証もありません

ウイスキー造りは「リスクと隣り合わせ」であり、そのリスクを回避するための「経験」や「自然の恵み」に助けられながら、今も世界中で行われています。

また、とても長い熟成が行われるウイスキーもあり「30年」「35年」「50年」以上熟成されたものも発売されています。

「想像してみてください、、、」😌☝🏻

もしあなたが30歳であれば、世の中にはあなたが生まれる前から、今も熟成庫に眠るウイスキーたちがいることになります。あなたに飲んでもらうために、ゆっくりと時を待っているのかもしれませんね😌

ウイスキー人生を通して楽しめる「ウイスキー」

 

私はこの「ウイスキー」というお酒に完全に魅了されてしまいました。

美味しいことも重要ですが、人生を通じて楽しめるロマンがあると感じるからです。

最近ではスコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿や日本🇯🇵でも新しい蒸留所が数多く生まれています

新規蒸留所がこれから生み出すウイスキーを、この先何十年も追いかけていくなんて、とても贅沢な楽しみではないでしょうか?

こんな「素敵なお酒」、飲まないなんてもったいないですよ😌☝🏻🥃

あなたの素敵な「ウイスキーライフ」に、乾杯🤗✨

 

ウイスキーに関することを中心に発信しています✨

ウイスキーに興味のある方は他の記事もぜひご覧ください☺️

ウイスキーに興味もなかった私が、ウイスキーと出会うお話。

はこちら☺️☝🏻

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA