akatsukiのウイスキー日記

「akatsukiのウイスキー日記vol.2」「時間を飲むお酒」の魅力とは?

ウイスキーは「時間を飲むお酒」

ウイスキーの魅力とはウイスキーの魅力とは、、、。

 

あなたが思うウイスキーの魅力ってなんでしょうか?

香り?

味わい?

希少性?

ウイスキー好きにはそれぞれに感じる魅力がありますよね?

ウイスキーが「他のお酒」と大きく違うところ。

それは「熟成」する工程があるということ。

ウイスキーを知っている人には

「当たり前だよ!」

そう言われるかもしれません、、、。

しかし、今一度考えてみてほしいのです。

「ウイスキーは時間を飲むお酒」

今回のテーマは「ウイスキーと時間」についてのお話です。

「時間」とは何かを考えてみる

時間とは?時間とは貴重なもの

 

人生を日々生きていくと、自然と流れていく「時間」

日常を忙しく過ごしていると、あっという間に過ぎていきます。

しかし、時間とはそれぞれに平等に与えられた数少ないもの。

「Time is money」

とはよく言われますが、多くの人は時間を使い仕事をして生活しています

つまり、

時間はとても貴重なもの

私もつい忘れがちになってしまいますが、

改めて時間の大切さを認識すると、

ウイスキーの見え方が変わってくるのです☺️☝🏻

ウイスキーの「年数表記」で考えてみる

ウイスキーと年数表記12年熟成のウイスキーを考える

 

一般的なスコッチウイスキーであれば、

「12年熟成」がスタンダード。

これは、12年以上熟成されたウイスキーブレンドして作られています。

ある程度ウイスキーを覚えてくると、、

「12年モノか、まあ普通かな?」

そんな感覚になる人も多いのではないでしょうか?

確かに、ウイスキーの世界では当たり前の年数です。

特にスコッチウイスキーでは、入門しやすいラインナップが多い。

ここで、少し立ち止まって考えてみませんか?

「12年」という年月。

一度、自分自身に置き換えて考えてみるのです。

例えば、、、

  1. あなたが生まれてから、小学校を卒業するまでの年数。
  2. 20歳の成人式から数えると、32歳まで。
  3. 60歳で定年したなら、72歳まで

どうでしょうか?

普通と思っていた「12年モノ」のウイスキーは、

それだけの時間を「樽の中」で過ごしているのです。

これは他のお酒ではあまり無いことですよね😌

長い歳月を樽の中で過ごし、ウイスキーはあなたのもとへ

ウイスキー 熟成 樽樽の中でゆっくりと熟成されるウイスキー

 

ウイスキーはそれぞれの樽に詰められると、

ゆっくりと眠り続けます。

それが世に出るのは、

5年なのか、

12年なのか、、

25年なのか、、、

ウイスキー蒸留所は、我が子がしっかり成長するように、

一つ一つの「樽」を見守り続けるんですね☺️

そうして完成したウイスキーは、ようやくあなたのもとへ。

本当に途方もない時間を使ったお酒。

それが「ウイスキー」です。

熟成すれば必ず美味しくなる。わけではない?

熟成による結果熟成による結果

 

ウイスキーの熟成について、、、。

今もまだ、科学的な解明ができていないことも多くあります。

樽の種類気候気温湿度標高など、、。

例えば、同じ原酒同じ樽に詰めたとしても、

一つとして同じウイスキーにはなりません

ウイスキー蒸留所は、樽を保管する経費やリスク常に背負っています

そう考えると、常に一定の水準ボトルを発売し続けているウイスキー蒸留所の「努力」ってすごいですよね😌☝🏻

「貴重な時間」がもたらすウイスキーの魅力を伝えたい

グレンリベット18年改めて自分の好きなウイスキーを飲んでみてほしい

 

前述したように、ウイスキーを生み出すために必要不可欠な「時間」。

そこにはウイスキー蒸留所の、

愛情、想い、手間、リスク、経費などが

たくさん詰まっています。

私はそこに「ウイスキーのロマン」を感じるんです。

当たり前と感じていたことを、一度立ち止まって考えてみる、、。

そんな瞬間、、、

あなたは「ウイスキーの魅力」にもっと気付けるかもしれません😌☝🏻

そして、

あなたの一番大好きなウイスキーをもう一度飲んでみて下さい。

さらに美味しく感じるはずですよ☺️🥃

私の大好きな思い出のウイスキーは、、、

やっぱりリベット18年かな😌👍

読んでいただきありがとうございます

インスタグラムも更新しています📷✨

コメント・フォローお気軽にお待ちしています😆👇

インスタグラムアカウント・暁・akatsuki.bar🥃

POSTED COMMENT

  1. tomo1973116 より:

    確かに…今までそれとなく飲んでいたウイスキー🥃ですが、ラフロイグ、ラガヴーリン、ジョニーさん、タリスカー等長い年月樽の中で美味しくなってたのですよね‼️
    ブログ記事読みながら何か感動すら覚えました🥺
    科学ですら解明できないこの様な美味しいウイスキー🥃飲めることに幸せすら感じます☺️
    もちろんアイラ島にも他の蒸留所にも行った事ないですが、今一度ウイスキーを口に含んだ時に銘柄ごとに、生い立ちみたいなのを想像するのも又風情があっていいですね‼️
    ウイスキーマスター的な本を買って勉強しなきゃ😆
    コレからも、ブログ更新楽しみにしてます👍

    • トモさん✨
      いつもありがとうございます😊💕
      ウイスキーだけでなく、当たり前に思っていたことを、改めて考えてみることって大事だと思います。
      忙しい日々って何も考えずに過ぎていってしまいますからね😅
      ウイスキーには、数えきれないくらいの疑問や面白さが詰まってます。
      私もまだまだ知り尽くせないですが、ゆっくり時間をかけて探していきますね😉👍
      日記のスタイルだと、素直な文章を書きやすいので、これからも続けていきます。
      その暖かいコメントにいつも励まされています☺️
      これからもよろしくお願いします💕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA